ソーシャルネットワーク
メバルのサクサクてんぷら
2013年03月24日
ポイント金沢文庫店のいわきりです☆
今回は春を告げる魚、当店の近くでもたくさん釣れる「メバル」を使った、外はサクサク・中はふっくらの「メバルのサクサクてんぷら」の作り方をご紹介します!!

【207032】

ポイント金沢文庫店さんからの投稿

材料(3人分)
  • メバル
    4~5匹
  • 卵L玉
    1個
  • 薄力粉
    200CCカップ1杯分
  • 200CC
  • 旬の葉物野菜など
    適宜
メバルのサクサクてんぷらの作り方
1
1.まず、卵1個、水200cc、薄力粉200ccカップ一杯を用意し、冷蔵庫で冷やしておきます。←これ肝心!!
2
2.ボウルに卵を割りいれ、はしでざっくりとかき混ぜます。そこに200ccの水を流しいれ、泡立ての要領でかき混ぜます。
3
3.同じく冷やしてあった薄力粉を少しづつ加えながら、菜箸でかき混ぜます☆あまり混ぜすぎるとグルテン(うどんなどのコシを生む成分)が出来てしまい、モチッとした衣になってしまうのでご注意!!不均一に混じったように見えるくらいでちょうどいいでしょう(^ー^*)
4
4.においが移らないよう、魚以外の材料を上げる場合は、先に野菜や山菜などを揚げます☆
5
油の温度は180度くらい(衣を一粒ポトンと落としたら「シュワー」と浮いてくるくらい。)で。ヨモギやフキノトウはそのまま衣に浸けて油に入れてOK!
6
5.メバルはウロコとワタ、頭を取ったら、腹開きにして中骨だけ削ぎ取ります。背ビレや尻ビレにも硬いトゲ(棘条)があるので、中骨と一緒につなげて切り落としちゃってください(爆)さばき方は・・・・・いわきり我流なので上手く説明しづらいですが、3枚におろす要領でしっぽ側だけつなげて残し、中骨を折ってしまうと簡単です☆
7
6.メバルは身の側にだけ打ち粉(乾いた薄力粉をそのまま)を付けてから、衣の中に浸けて揚げます。こうすると、身の側に衣が付きやすくなり、魚臭さのもとになりやすい皮の部分のにおいは揚げるときに飛んでいってくれます☆
8
「メバルと春菜のサクサク天ぷら盛り合わせ!!」
天つゆでどうぞ、めしあがれ☆



もともと淡白で何料理にでも合うメバル。

ふわっふわの身がびっくりするおいしさですヨ☆

身の味をしっかり堪能するためにも、ヒレや腹骨などもしっかりと剥きとっておくことが肝心!!